1. TOP
  2. イベント情報
  3. ニューイヤーズ カウントダウン2020

ニューイヤーズカウントダウン2020カウントダウン

 

大晦日恒例となった和歌山マリーナシティのカウントダウンイベント。
今年は感動的な新年の幕開けを、スペシャルゲストを迎えたライブイベントや
花火ショーなどで盛り上げ、寒い季節にホットなイベントで、和歌山マリーナシティの1年を締めくくります。

開催日

2019年12月31日(大晦日)
午後7時頃~深夜0時40分頃 ※予定

場 所 和歌山マリーナシティ 西側特設ステージ
料 金 観覧無料
内 容 地元出身のミュージシャンから、豪華アーティストまで続々登場するこの日限定のライブイベントで盛り上がり、年明け前からは会場の全員が一斉に新年に向けたカウントダウンに突入!新年の幕開けを祝福する、感動的で大興奮間違いなしの年越しイベントです。
注意事項
  • ※カウントダウンライブの観覧について、ステージ前での荷物による場所取りはご遠慮ください。
    尚、場所取り用の荷物等が紛失しても責任は負いかねますので予めご了承ください。

和歌山マリーナシティ カウントダウンライブ

大阪府出身。シンガーソングライター。
幼少からピアノを弾き始め、96年頃から大阪のレゲエやHIPHOPのクラブで歌い始める。
2002年8月に1stシングル「The Perfect Vision」が売り上げ50万枚という快挙。
また、夏フェスの女王と称され2015年はフェス最多出演女性アーティストとなった。
歌手活動だけでなく新時代を切りひらく女性として、幅広い世代から支持されており、ファッションや発信するメッセージでも多くの女性に影響を与えている。
2018年5月23日(水)約2年ぶりのオリジナルアルバム「Identity」をリリースする。

オフィシャルサイト
http://minmi.jp/



MC/FM802 DJ 中島ヒロト

和歌山マリーナシティ カウントダウンライブ

地元和歌山出身のアーティストによるライブも開催!

  • Fun×Fam

    和歌山地域密着型アイドルグループFun×Fam(ファンファン)和歌山地域密着型アイドルグループFun×Fam(ファンファン)

    和歌山地域密着型アイドルグループFun×Famは2011年1月の結成以来、活動8周年、9年目を向かえる和歌山初のご当地アイドルグループで、平均年齢14歳、13名の和歌山出身の女の子達で構成され、故郷に笑顔と元気を届けるとともに、県外に和歌山をPRすることで、一人でも多くの人に「故郷・和歌山」の魅力を知ってもらい、和歌山へ「会いに来てもらうアイドル」を目指して活動中です。

    ライブの公演回数は通算1000回を超えるライブアイドルでもある彼女達は、県内・外において年間180本以上のライブを開催し、2014年には和歌山県内6箇所でライブツアーの後、北海道から福岡県まで全国8箇所での全国ライブツアーを開催、2018年・夏に5年ぶりの東名阪ツアーを開催、さらに全国的な知名度もアップ。

    これまで9枚のシングル、1枚のアルバムを発表し、2015年、8枚目のシングルで待望のメジャーデビュー、オリコンチャート20位を記録。2016年6月に1stアルバムを発売するとともに、同年9月にメジャー第2弾シングル『POWER OF MUSIC』を発売、オリコンチャート17位を記録。

    2019年4月に記念すべき10枚目のシングル、故郷・和歌山の桜を歌った「桜の咲くころ、この場所で。」をリリース、オリコン週間シングルチャート6位を記録。

    現在も地元和歌山を中心に活動するとともに、テレビ和歌山「ちゃぶ台~おかわり~」
    和歌山放送ラジオ「Fun×Fam学園放送部」などのレギュラー番組でも大活躍しています。


    【オフィシャルホームページ アドレス】
    http://www.funfam.net/

  • 優月日常の出来事を優しく歌う独特の包み込むような世界観を持ったヴォーカリスト・優月。アイドル活動時代よりソロアーティストとして幅広い年齢層に指示されたその最大の持ち味はその声。鳥の囀りや木々の音にも似たその自然な歌声は、聴くものを優しく包み込んでくれる。今後活躍が期待される女性ソロヴォーカリスト。

    元和歌山初ご当地アイドルFun×Famのヴォーカル担当として2015年にメジャーデビューし、2017年春よりソロ活動開始。大阪芸術大学藝術学部演奏学科在籍。大阪芸大×GIZAヴォーカルコンテスト準グランプリ

    現在は現役大学生シンガーとして活動する他、様々なユニットとしても関西で活動している

  • 藪下将人

    aaa和歌山県日高郡由良町出身

    1981年3月25日 生まれ
    「がんばれ故郷」が 河島英五音楽賞最優秀作品に選ばれるなど様々なコンテストで優秀な成績を納める
    レギュラー番組 テレビ 1本 ラジオ1本 とマルチに活動
    ソロ活動と平行して 藍田真一とのユニット ヤブシン としても活動中 レギュラーテレビ番組 「I love くまの」(ZTV) が熊野地方で大ヒット

    CM、テーマソング 約30曲
    年間約60本のライブ活動
    野球祭り バスケ祭り バスピン祭り 等を主催 地元和歌山を盛り上げる 町おこしミュージシャンとしても注目
    由良町文化奨励賞 受賞

    《受賞歴》
    2003年 ウインズチャリティ音楽祭 準グランプリ
    2004年 ウインズチャリティ音楽祭 準グランプリ
    プリズムミュージックウェイブ関西インディーズミュージシャンコンテスト グランプリ
    2005年 和歌山音楽祭 グランプリ
    2007年 けんぶんまるかじりミュージックコンテスト グランプリ
    2009年 河島英五音楽賞 最優秀作品賞 受賞
    2011年 由良町文化奨励賞

    《レギュラー番組》
    【ラジオ】
    和歌山放送
    「つれもてないと藪下将人ハッピーマンデー」 毎週月曜日 20時30分〜21時50分 生放送

    【テレビ】
    ZTV
    「I love くまの」 毎月2回更新 ヤブシンとして出演中

    【オフィシャルホームページ アドレス】
    http://yabushitamasato.com/

  • キノカ

    キノカ ケンチャン(ドラム)1993.2.26 A型
    サブロウ(ボーカル)1993.3.14 A型
    からなる音楽劇団。

    和歌山生まれ和歌山育ちの彼らは25歳にして出逢い、ひょんなことからバンドを組むことに。そこから始まるずっこけ珍道中の最中。和歌山から始まり、全国、世界へとポップで夏の如く熱いパフォーマンスで支持を得ていく予定。合言葉は「NO SUMMER,NO LIFE」

    2018.11.11
    ファーストシングル【君に熱中症】リリース
    2019.11.24
    ファーストEP【天夏統一】リリース
    和歌山発の国民的夏バンドになる予定。


    【キノカ オフィシャルSNS】
    Twitter @kinokamusic
    Instagram @kinokamusic

  • Fun×Fam

    きみの ふうか和歌山/弾き語り/20歳

    2017・7 弾き語り活動を始める
    2018・4 SUGASHIKAO
         HITORI SYUGAR2018
         和歌山公演のOAを務める
    2018・12和歌山マリーナシティ カウントダウンライブ出演

    ただあなたのこころの傍で頷くだけの歌を歌います、きみの ふうか、よろしくお願いします


    【オフィシャルSNS】
    Twitter @fu___uka2
    Instagram @i_am_pig_fuu

  • HMS

    HMS"HMS"
    世界クラスで活躍を魅せるダンサーが在籍し、圧巻のステージショーで国内外問わず出演。
    また、次世代ダンサーの育成・輩出などのプロデュース/コレオグラフィ/1万人規模のダンスフェスオーガナイズなどもこなす和歌山屈指のストリートダンスチーム。

    HMS
    W.Lockin`Crew
    rich blacks
    Soul Flower
    W☆UNITY

    【オフィシャルホームページ アドレス】
    https://www.facebook.com/homies.wkym/


    【HOMIES WEB SITE】
    http://homies.jp/
  • リリーギャング

    リリーギャング2010年結成。
    和歌山を拠点に全国でライブ活動を行う。
    県内外問わず年間100本近くのライブを行い、数々の有名アーティストとも共演を果たす。
    幾度のメンバーチェンジを経ながら活動を続けるも、2016年に活動を休止。
    2018年。
    結成時のオリジナルメンバーにて再結成。
    2018年12月30日の和歌山CLUB GATEでのライブより再始動を果たす。
    2019年本格的に活動を開始する。
    (L→R)
    Bacho.吉本友一(ヨシモト ユウイチ)
    Drcho.福崎翼(フクザキ ツバサ)
    Gtvo.千原克真(チハラ カツマ)

  • 浦部陽介

    浦部陽介浦部陽介 シンガーソングライター
    1989年7月28日和歌山県橋本市生まれ

    小学生の頃からギターで弾き語りを始める。

    説得力のある声でストレートに歌い上げる歌が特徴。

    ラジオレギュラー番組を持つパーソナリティとしても活躍

    地元和歌山をテーマにした楽曲や、ロック、ポップ、ジャズテイストやレゲエテイストの曲など多ジャンルで幅広い年齢層に親しみやすいオリジナル曲を作っている。

    オリジナル曲以外にも独特な観点からのモノマネなど『弾き語りエンターテイナー』として多くの人が笑顔になってもらえる様に日々活動中!


    【オフィシャルホームページ アドレス】
    http://urabeyosuke.com/

  • 川島ケイジ

    川島ケイジシンガーソングライター/和歌山県みなべ町出身/みなべ町ふるさと大使

    類稀なる歌声を持ち、魂から生まれる歌唱と抜群の存在感を兼ね備え、一瞬の情景を見事に切り取ったリリックと熱く哀愁溢れるメロディー、ロックを基調としながらも歌心を大切にしたボーカルスタイルは幅広い世代から熱い支持を得ている。2015年、CHAGE主催『CHAGEFES2015』に出演し2000人の観客を湧かせた。同年、TV東京『THE カラオケ☆バトル』への出演で「急上昇WEB検索ワードランキング」で3位となり話題に。その歌声は、多方面にて注目を集め、2016年ユニバーサルミュージックよりメジャーデビューを果たす。

    翌年2017年にはフジテレビ「MUSIC FAIR」への出演、『CHAGE HALL TOUR2017』のゲストアーティストとして全国10か所に参加など活躍場を広げていく。生のライブパフォーマンスにこだわり続け、積極的に全国のライブハウスでライブを開催する一方、金剛峯寺や富岡製糸場、熊野本宮大社などの世界遺産を舞台にコンサートを行うなど文化的な音楽活動にも注力。

    2019年6月には2NDミニアルバム『KEIJIHOLIC』リリース。国内のみならず、中国は上海と無錫を舞台に初海外ツアーを見事成功に収めるなどアジアでのオファーも増え始め、11月に開催された「WEIBO ACCOUNT FESTIVAL IN JAPAN 2019」に出演し、「リバーサイドホテル」を披露。この様子は世界に8億人のユーザーを持つWEIBO微博公式サイトにてライブ配信され、出演後フォロワーが急上昇中。

    2020年3月には紀南文化会館大ホールにて、自身3度目となる1000人規模のワンマンコンサートを控えている。スペシャルトークゲストとして世界的ファッションデザイナーコシノジュンコの出演が決定。更にシークレットゲストの出演も決定している。

  • ウインズ平阪

    ウインズ(WINDS)平阪1986年、和歌山県をパロディーにした「キンキのおまけ」が話題となり、ビクターエンターテイメントからデビュー。
    1991年、日本クラウンに移籍し、ジョーシン(Joshin)・吉野家など、50社以上のCMソングや、「紀の国わかやま国体」「ねんりんピック紀の国わかやま2019」など、多数のテーマソングを手掛ける。
    2000年からはインディーズアーティストとなり、2008年和歌山県文化奨励賞、2018年橋本市文化奨励賞を受賞。
    リーダーの平阪佳久(61歳)率いる、24歳から61歳までの6人組バンド。
    2019年4月30日、CD/DVD2枚組36曲入りニューアルバム「還暦」を発売し、FM OH!851(FM大阪)、和歌山放送、FM橋本の各レギュラー番組にも出演中!


    【ウインズ(WINDS)平阪オフィシャルサイト】
    https://winds-wakayama.com/

ニューイヤーズカウントダウン2020

未来へ向かう新年の幕開けを盛大に祝福する恒例の花火ショーは、特殊効果花火と打上げ花火がマリーナシティの夜空を彩ります。息を飲む大迫力の音と光の共演が、新年への期待と感動を与えてくれる花火ショーです。

場所
和歌山マリーナシティ 西側防波堤
日程
2019年12月31日(大晦日)
深夜0時10分頃~(約10分間) ※予定
花火ショー「ニューイヤーズ スターライトイリュージョン」

※上記イベント内容は予告なく変更する場合や、荒天・機材トラブルの為、やむを得ず中止する場合がございます。
また、ご来場のお客様が多数の場合、入場を制限する場合もございますので予めご了承ください。

イベント一覧へ戻る

ページトップへ